スクールポリシー・KIS Policy

SLOGAN・スローガン

kc-intl-160Kitty International School knows no boundaries

国境のない国 キティインターナショナルスクール

KISでは、様々な国籍の生徒さんが楽しく活動しております。もし海外で迷子になっても自力で帰宅できるような逞しい子になってほしい!

そんな願いを込めた様々な活動をしております。

KISの基本理念

kis-lunch-time英語・英会話は使って初めて役に立つもの。 つまり、私たちにとって、英語・英会話は学問の対象ではなく、言葉はコミュニケーションの道具だと考えています。

また、子どもの成長は、楽しいこと、夢中になれることの中にあります。 そして、それが学びへの最良の道であることも直感的に知っています。 さらに、子どもが英語・英会話で最も夢中になれる楽しいこととは、大人と同じように、英語・英会話の実践力が付いていくことにあるのです。

だから私達は、夢中になれない英会話や、楽しい英会話と言いながら明確な目的意識や十分なカリキュラムがない遊びだけの子どもの教室を子ども英会話スクールとは言いません。

私達は、言葉はコミュニケーションの道具であると規定することで、その目的が、言葉の学習の先にあるコミュニケーションであることにも気付きます。 子どもにとって英語・英会話の知識や技術は必要ですが、それだけでは、ほんとうのコミュニケーションを充実させることには不満足だからです。

KISの子ども英語・英会話は、自分を大切にすること、自分の意見を持つこと、人(異文化)を理解・尊重すること、をベースの思想として成り立っています。

子ども英会話と幼児教室のキティインターナショナルスクール(KIS)、プリスクール、KIS英語キッズのすべてのコース、スクールは、英語・英会話の習得を中心テーマとして行っていますが、それらの活動を通じて、『未来に生き続けるたのもしい子供達を育て、また、その継続によって、国際化する社会と人間の未来に貢献する。』という使命感を持ってスクール運営をしています。

KIS憲章

kitty-center-dentist1All children have the right to be accepted and loved by society, as well as the right to pursue their dreams.

すべての子どもは、社会から愛され、受け入れられ、あらゆる可能性を追求する権利がある。

All children have the right to build their own futures without relying on the will of adults.

すべての子どもは、大人たちの意思によらず、子どもたちの未来を子供たちで築き上げる権利がある。

All children have the right to not be discriminated against, and to pursue happiness and equality, and good health.

すべての子どもは、あらゆる差別を排除し、健康・幸福・平等を追求する権利がある。

All children have the right to utilize all of their skills and use information to excel in their own life.

すべての子どもは、自由闊達な活動と進歩のために、あらゆる知識や情報を収集・活用する権利がある。

日本人は優秀なはずなのに・・・

kitty-adventure

ほんの少しの時間、想像してみてください。 大切なお子さんが、みごと東大(または有名大学)に合格しました! 「おめでとう~!」本当に良かったですね。性格も素直で、明るくのびのびと育ってくれました。

実は、先日テレビでアメリカ人レポーターが東大からでてくる生徒に英語でインタビューしていたのを拝見しました。

もちろん、そんなに難しいことを話しかけていたわけでもありません。 ところが、驚くことにほとんどの学生が「え~と、ノー!」などとしどろもどろなのです。 (ものすごく難しい英語のテストはできるのでしょうにねえ・・・) アナウンサーもテレビキャスターも「本当に東大生なのだろうか??」と驚くばかりでした。  しまいには、日本の将来を心配する声まで・・・

しかし、それが、今世紀でも一般的な日本人のコミュニケーション能力の現実なのです。 「あんなに勉強したのに話せない・・・」とは良く聞きますが、東大生ですら例外ではないなんて・・・

みなさんはどう考えますか?

満足度「最低」の子供英会話スクール業界

img_saito

小学生以下の習い事ランキングで、「子供英会話」は常に上位に君臨する定番となっています。

しかし、「習っているもの」と「習わせて良かったもの」を比べてみると満足度がダントツに低いのも英会話だそうです。
これは、小さなお子さんを持つご両親の「子供英会話」に対する関心の高さを示す一方で、期待される英会話力が多くのお子さんには身についていない現実を表しています。
何故でしょうか?

  1. 英会話力が身に付く方法を、誤解されている。
  2. 英会話力は、「努力」や「理屈」とはあまり関係がないことを、理解されていない。
  3. 日本人の生真面目な気質や固定観念が、英会話力を阻害している。(反対に、誰でも外国に行けば話せるようになるからと、外国人教師スクールでありながら子供英会話でプログラムを無視して全く成果を蓄積できないでいるケースも多い

KISは開設当初より、外国人教師と英語力育成のための独自プログラムを採用し、多くの保護者の皆様や大学生、社会人になられた卒業生からも「やっていてよかった」との言葉を戴いています。

ニュースになる日本外交は、私たちの生活と無縁ではなくなり、日本の企業も国際化を抜きにしては語れない状況が広まっています。大学入試センター試験では、リスニングテストが導入されています。幼稚園や公立小学校(文部科学省は全小学校に英語導入を決定)にも英語教育は浸透してきています。しかし、全てのお子さんが同じような英会話指導を受けているわけではなく、学習期間も千差万別であることから、その差をどこで埋めるのかとの議論もあります。

「子供英会話」スクール選びは、やり直しができません。お子さんの一度しかない貴重な時期だからこそ、選ぶ理由のあるスクールを探しましょう。実際に通われている生徒や保護者、卒業生の声に耳を傾けてみるのも一助となることでしょう。

もし、お子さんの通学可能範囲内に「KISキンダーガーテン、KISプリスクール、KIS子供英会話」がありましたら、是非この機会にご検討下さい。

楽しく、いつのまにかどんどん英語が話せるようになるには?

futako-campus

皆様もご存知の通り、文部科学省は2002年から国際理解という中で英会話を小学校に導入し、2011年には、いよいよ全ての公立小学校での英語導入を決めました。近年、改めて日本人の英会話力が問われている中でのことです。幼児、低学年の児童をお持ちの保護者の皆様にとっては、とりわけ身近な問題として、関心がおありのことと思います。

小学校や幼稚園で児童英会話教育が推進されることは喜ばしいことです。まったく英語に触れることなく、中学生、高校生、大人になってしまっていた過去に比べれば・・・

しかし、児童英語/英会話とは、その程度のものなのでしょうか? 幼児・児童たちの将来、英語でコミュニケーションが取れない、英語は苦手、ということはお子さんの人生の選択肢をとても狭めてしまう結果にはならないでしょうか?

最近、児童英語/英会話のKISにおいでになる小さな生徒たちは、お母様が…というより、お父様が、少しでもはやく幼児・児童に英会話の環境を与えたい、と言っておいでになるケースが増えています。お聞きしてみると、お仕事をされていて、英語の必要性を痛切に感じるからだといわれます。

今から年30年以上前(1983年)、外国人の先生を迎えて「キティ英会話クラブ」を世田谷の自宅で始めたころ、「日本語もろくに話せない幼児・児童が、英語/英会話を習うんですか?」とか「児童英語/英会話?英才教育ですか・・・」などと、お会いする人毎に何度も言われた覚えがあります。

時がたち、その後、児童英語/英会話教室もたくさん出来ました。最近では、さすがに、「幼児・児童が英会話?」とか、「特別な英才教育?」などといわれることは、まずありません。しかし、英語の苦手な日本人を大量生産し続けてきた日本の英会話教育の常識が、すっかり反省されたり、変わったのかというと、そうではないように思います。いろいろあるのですが、ここでは、とても重要だと思える3つのことについてお話したいと思います。

「児童英語/英会話の常識」3つのウソ

1) 「ひとつひとつ納得しながら、レッスンを積み重ねていけば、いつかは話せるようになる」という常識のウソ。

なぜ、これがウソかといいますと、学習で分かったと思っていたはずのことでも、いざ会話となると口から出てこないからです。つまり、ひとつひとつ納得することよりも、ナマの英語をどんどん聞いて、よく分からなくても、とりあえず使ってみることの方が大切なのです。特に、幼児・児童の場合は、わけが分からないことよりも、楽しければ、どんどん先にすすむことが出来るのです。

「分からないまま進んでしまったら、間違ったまま覚えてしまうのではないですか?」と、おっしゃるかも知れませんね。しかし、言葉とは生きているものです。間違うことを恐れていたら、100年たっても話せるようにはならないのではないでしょうか?

英会話が出来るということは、考えて理解させることではなく、慣れるという事なのです。幼稚園児くらいまでの幼児・児童が、親の赴任と共に海外の現地校に入ると、たいていの場合、大人では考えられない適応力を見せて、英語も驚くほど早くマスターしてしまいます。このことを考えてみれば、「英会話は理解じゃなくて慣れ」というのは、あたりまえのことなのですが・・・ 日本では、どういうわけか、いつでも、どこでも、教え込もう、試そう、とするのが理解できないのです。

(英語の理解は、日本での幼児・児童にとって永久に必要ないと言っているわけではありません。使うのが先で、理解は後のほうが良いのです。幼児・児童の場合、本格的な理解は、理解力の伸びてくる10才くらいから行うのが理想です。)

2) 「日本の児童が、熱心で子どもが好きな外国人と楽しく遊んでもらえば、バイリンガル(英語が話せるよう)になる」という常識のウソ。

先ほどの常識を、180度ひっくり返したような考え方も根強くありますが、これも間違いです。1日の内のほとんどが英語漬けというような環境でしたら、これは、海外現地校の児童(帰国児童)で証明されるように、事実です。しかし、日本に住み、普段は日本語の環境の中で生活し、漢字の読み書きも出来るようになって欲しい・・・となると、英語に触れることが出来る時間はどうしても限られてきます。そうなると、無駄なく、ムラなく、効率のよいカリキュラム(児童学習プログラムや材料)がどうしても必要になってくるのです。

この、カリキュラムとは、いってみれば、本人は楽しく夢中になっているだけとしか感じていないのに、いつのまにか英語の力が付いているようなカリキュラムです。それは、具体的には、十分に研究・検討されたレッスンのプログラムやワークシートなどで構成されたトータルなカリキュラムです。

「カリキュラムなんて、英会話を教えている所なら、どこにだってあるはず・・・ それに、良し悪しをどこで判断するのか?」と、おっしゃる方もおられるかもしれませんね。そんなときは、こう考えてください。教科書の目次のような、学習内容を並べたものがカリキュラムではないのです。つまり、話せるようになった幼児・児童を明確にイメージして、そこに到達するまでの手順や方法を具体化した、本来のカリキュラムがあるかどうか、それを見極める必要があると思うのです。

3) 「英会話の習得は、幼児・児童の意思を尊重して」という常識のウソ。

これは、ウソというより、むしろ、最も大切なことなのですが、大人がゆがめた形で適用してしまう場合が多いので、あえて取り上げます。

「英会話やりたいの? ほんとに? すぐに飽きちゃうんじゃないの?」というような問い詰め型や、「好きならやればいいし、イヤなら無理に続ける必要もないのよ。」というような突き放し(放任)型のお母様に時々出会うからです。高価な英会話教材(KISではありません)を買ってあげたのに、すぐに飽きて放り出してしまった・・・ なんていう経験をお持ちだったりすると、ご同情しないわけでもないのですが、幼児・児童の(英語に対する)意欲や姿勢を育てていくのは、私たち大人の役割でもあるのです。

問題なのは、まず、お母様が高価な英会話教材を買ってあげた、あるいは英語/英会話スクールに行ってみる?と言った時の、ほんとの親の気持ちを幼児・児童にちゃんと伝えたかどうかということです。これは、幼児・児童をひとりの人格として、ちゃんと伝えるようにすれば、次に進めます。

もうひとつは、幼児・児童は表面的なことに興味を持ったり、飽きたりするだけで、大人のように本当に好きなことをするために、頑張ったり、努力したりすることはないのではないか、と決め付けていることです。大切なのは、幼児・児童にとっても、英会話の何が楽しいのかという、モチベーション(動機付け、あるいはやる気)が、学習の成果と継続に大きな意味を持っているということを知っていただきたいのです。

つまり、幼児・児童の意思を大切にするということは、幼児・児童を問い詰めることでもなければ、放任することでもありません。児童英語/英会話の学習では、外国人と英語を使って話したい、コミュニケーションをとりたい、という学習の目的(動機付け)を大切にしてあげる、幼児・児童の成長を応援すると言うことです。

それでもやはり、「児童英語/英会話にそんな大人のような動機付けなんてあるのだろうか? 必要ないのでは?」と言う方もおられるかもしれませんね。しかし、会話の目的は、いうまでもなく人とコミュニケーションをとることです。英会話とは、世界中の人々とコミュニケーションをとるためにあるのです。日本人同士がコミュニケーションをとるのに英会話は必要ないですよね。例えば、海外旅行でもっとコミュニケーションをとりたいと思えば、旅先ではつらつと英会話を楽しむ自分を想像して意欲が沸き、身にも付きます。今度いつ海外旅行に行けるか分からない、もしかしたら一生行かないかも・・・と思ったら、英会話の意欲が著しく低下してしまうのは仕方ないかもしれません。

幼児・児童でも同じです。いえ、英会話を学ぶ幼児・児童だからこそ、コミュニケーションの本質をきちんと押さえておく必要があるのです。外国人教師と英会話でコミュニケーションがとれた時の喜びを、しっかりと感じる必要があるのです。そうすれば、幼児・児童はひとりでも、どんどん前に進んで行くことが出来るのです。

私たちキティクラブは、このような考えの基で、一日も早く、だれでも、日本の幼児・児童が、英語で外国人とコミュニケーションが取れるのが、あたりまえだと言われる日が来ることを願いつつ、児童英語/英会話スクールを運営しています。機会がございましたら、ぜひ一度、お近くの教室にお立ち寄りいただける日を楽しみにしております。

n_paulLearning English from native speakers

At KIS we want to equip children with a good grasp of the English language and how best to use it when interacting with English speakers. In order to do that we employ skilled teachers who understand how to convey complex concepts to students in a way which is easy to understand and fun to learn. Our teachers come from all over the world, including the U.S., England, Australia and more. Students have the opportunity to interact with people from a wide variety of backgrounds and gain a global perspective from a young age.

Typical KIS Lesson may include…

Welcome

The day begins with a warm welcome at the school gate. As the children arrive, teachers greet each child and parent with a friendly “Good Morning!” and ask “How are you?” All children smile and wave to their parents saying “See you!” and then we hold hands together whilst walking up to the classroom. We encourage each child to take off and put away their shoes by themselves. If they are having difficulty, they can say “Help please!” and we will then assist them into the classroom.

Once inside the children unpack their school bags and each give me their school passport saying “here you are!” The passport is a fun record of attendance whereby we ask the children to select a sticker to place on the day’s date.

Play time!

ufo-2Once the children are ready after arrival, we gather together on the classroom’s ‘Red Circle’ to play with different educational toys. This is an important time used to get the children settled into the classroom and to introduce new vocabulary. For example, if a child is playing with the cooking toys we ask them the name of each plastic food. If the child does not know, we teach them and make sure they repeat the word. Depending on their age or ability, we also ask other questions, such as “what color is it?” or “how many?” and encourage children to respond in full sentences. E.g. “I have three red strawberries”.

Play time ends with clean up time. We sing the “Clean Up!” song and work together as a group to clear away all the toys. We have different boxes for different toys and make sure each child is able to differentiate which toy belongs where. We try to make cleaning up as fun as possible by singing and dancing and telling each child they are doing a great job (hopefully this positive attitude will help parents at home!).

Song time!

Every day we begin with the “Hello!” song and sing together using actions (clapping and waving). Teachers then lead the group in singing and dancing our focus songs for the month (usually two). Even if the lyrics may be a little difficult to sing, all children are encouraged to try and have fun dancing with actions. Some songs require the co-ordination of group actions (e.g. London Bridge, Row Your Boat), whilst others use props like tambourines or beanbags. 

Book time/toilet time

Whilst my class assistant takes each child individually to the toilet (for training), teachers sit with the rest of the group and read books. Teachers ask each child to say “chair please” before they are seated at the table and also to ask for which book they would like to read. Then we spend a short time reading with each child their chosen book and introduce new vocabulary using the pictures.

Snack time

This is a lesson in table manners. First, each child should say “juice please” before getting their cup and then wait until everyone has their juice. Then we will all count “One, two, three, CHEERS!” and do the “cheers” action before drinking. Each child should also say “snack please” before getting their snack and also “more please” if they want more. At the end of snack time the children say “finished!” and “tissue please”. We also teach them how to wipe their hands and mouth thoroughly and to also put their tissue in the bin when they are done.

Circle time

kis-rocketThis is when the class comes together and we practice dialogue and curriculum. The dialogue we practice each day includes:

  • “Hello, how are you?” / “I’m fine thank you”
  • “What’s you name?” / “My name is …….”
  • “How old are you?” / “I’m … years old”
  • “Where do you live?” / “I live in Tokyo Japan!”

If the child needs help we say the answers with them and encourage them to follow the hand actions with me. Then we teach the curriculum topic assigned for that month using word and picture boards. For example, in a lesson about animals we show each animal board and ask the group and then individuals to repeat the animal name. Then we use the boards for games to test their knowledge. We give extra clues, like actions or colors, if they need help.

Art time

Here we practice coloring, pasting, folding (origami!) etc. We usually complete a worksheet that teaches curriculum topics, drawing or writing skills. If help is needed we hold the crayon with each child and practice writing their name together. When a special event is coming up, the craft activity will be related to that event (e.g. a Mother’s Day card or Halloween candy box).

Special Lessons

Every month there are special lessons scheduled which are always exciting for the children. For example, last month we conducted a special gardening lesson. We planted different vegetables in the school garden and was able to teach them the names of the different vegetable plants and skills such as digging and planting. Also each month we have a cooking lesson and every child is able to use their hands cooking delicious food! (e.g. okinomiyaki!)

Outside time

kis-space-kittyWeather permitting, teachers take the class on a walk to the park or down a shopping street using the Kitty Go-Go Buggy. Along the way teachers will talk to the children about what we see and we wave and say hello to the passers-by. If we go to a park we will play together using a ball or tools for the sand pit.

Lunch time

A popular time of day! however also another lesson in table manners. All children are taught to say “please” and “thank you” and to eat respectfully at the table using utensils. We also chat with the children during lunch about the food they are eating and ask “is it yummy?”

Movie time/ toilet time

After lunch my class assistant will take each child individually to the toilet (more training) and have some quiet time with the rest of the class watching a video. We watch educational videos or classic stories like Peter Pan and talk to the children about what we are watching.

Puzzle time/block time

This is a group activity time where we complete a puzzle or make something using blocks together as a class. We teach the children how to share and co-operate with each other and work as a team. We then also clean up together whilst singing the “Clean-Up!” song.

Story time

We ask the children to sit quietly at the table while reading them a story using a talking story machine. Teachers explain the different things on the picture cards and use big expressions and funny voices for the characters.

Song review/ Good bye!

Every class ends with a review of our two action songs allocated for that month. Teachers then hand back the children’s passports and ask them to say “it’s mine!” and “thank you!”. After the children pack away there passports into their bags and have put on their coats, we hold hands in a circle and sing the “Good bye” song. The children are always excited at the end of class and look forward to sharing the day’s events with their parents.

kis-world

1-DAYチャレンジと資料請求

プリスクール&子ども英会話